安心して入れる不動産カフェ|コーヒーを飲みながら相談

男女

定期借家約款の適用

室内

ホテルより賃貸物件に近い

アパートホテルやウィークリーマンションなどの様々な名称の長期滞在用物件が京都にはあります。このような物件はホテルのように特に家具などを用意しなくても生活できるように一通りの生活用品が整っているのが特徴です。京都に長期滞在をするときには候補にすると良いですが、利用する際には性質について理解しておく必要もあるでしょう。長期滞在用の物件は基本的には賃貸契約を締結することで利用できるようになるため、京都を訪問する以前に申し込みをして手続きを終えておかなければなりません。定期借家約款を適用するのが基本となっていることから、入居する日だけでなく退居する日も確定した上で利用することになります。基本的には延長することはできませんが、退居する日の翌日以降も空いている場合には業者によっては対応してもらえる場合もあるでしょう。同様に当日であっても部屋が空いていればその場で申込書に記入して契約を締結することにより入居できる可能性はあります。その対応をしてくれるかどうかは物件を扱っている業者次第なので、利用する可能性があるときには予め確認しておくと良いでしょう。京都では駅前などにある全棟が長期滞在用になっている物件の場合には当日対応などを行ってくれる傾向がありますが、離れた場所にある分譲兼用などの物件では対応がない場合があるので注意が必要です。基本的な性質としてホテルよりも一般的な賃貸物件に近いという認識をしておくと良いでしょう。

Copyright (c) 2015 安心して入れる不動産カフェ|コーヒーを飲みながら相談 All Rights Reserved.